ブルーのサングラスを付け替える旅

読書日記にしました。ブログの方もアクセスしてみてください。大学生です。 頑張る。

思いがけず2日間デジタル機器に触れない生活を過ごした

最近、ひょいと祖父母と家族で旅行に行ってきた。泊まったホテルはとても豪華なところだった。広々とした部屋、そこから見える、「壮大」な地平線まで連なる太平洋と、熱海の街の風景。そして、その風景を同じように眺めることのできる大浴場。宿泊の値段が高いので、いくつか不満な点もあったが、とにかく僕はこの二日間、車の運転と圧倒的な自然の力に呑み込まれていた。加えて、もし家族だけで来ていたら、ここぞとばかりにゲームをするだろうが、最近は普段なかなか会うことがない祖父母と来ていたら、そんなことをすることもなくて、題の通り、思いがけずパソコン、テレビ、iPhone、携帯ゲーム機などに触れずに2日間を過ごすことになった。

そんな日々を過ごした僕がどうなったかというと、自分を動かすエネルギーが少し出た感じがする。ただユーチューブや2chをみて1日が終わるという、「堕落」した生活を全く過ごさなかったというのが大きいと思う。「堕落」と捉えるのは、僕の性格の傾向が表れてる。やはり僕の元々は引きこもり体質ではないのだ。もともと体力がないのでおとなしいのに加え、最近は引きこもりになりつつあるが、やはり、心の中では外で空気を吸ったりすることが好きなのであろう。(決してスポーツが大好きなのではあるまい、ただ家の中の空気しか吸わないというのは、僕にとって苦痛なのだ。)また、帰ってきてスマホを使った時の目の疲れ具合が半端ではない。やはり、最近思っていたが、iPhoneというのは何時間も見るものではないのだなと感じる。パソコンもギリギリセーフという状態だ。

 

こんな感じで、判断するのは時期尚早だが、デジタル機器を使わなかった時間はとても楽しかったので、だんだん使わなくなっていると思う。(減らすことは、大切なこと)

 

最後に、小田原付近から自宅まで、周りの人が眠気に沈没しているなか運転したことをここに記して、お終いとさせていただきます。