読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーのサングラスを付け替える旅

読書日記にしました。ブログの方もアクセスしてみてください。大学生です。 頑張る。

年末

今日は、祖父母の家の掃除をしてきた。やはり、70歳をすぎた祖父母にとって、掃除というのは大変な作業らしく、母親が泊まり込んで片付けをしていたが、物の管理が得意でもない祖父母たちの物を整理するのは、とっても骨が折れるようで、僕たちも会いに行くこと半分、バイト半分(これはうちの弟が掃除をするのにお金を要求したからだ)で祖父母の家に行ってきた。年末にかけて、こんなに早く準備をしたことは過去になく、今年は大晦日らしい大晦日を過ごせそうな気がする。

僕たちが掃除をしている間、祖父はそもそも用事で外出していて、祖母は弟が庭で集めた枯葉をマンションの集団ゴミ捨て場に何回か捨てに行っていただけで、まあこんなもんだろうなと思っていたのだが、それよりも、祖父母が嬉々としている顔が見れて、とても嬉しかった。孫の立場で言うことではないのだろうが、やっぱり老後やることがさほどない祖父母にとって、孫が来るというのは一大イベントで、とても楽しいことなのだろう。僕も生まれた時からとても可愛がってくれている祖父母に、いろいろ孝行したいと最近強く思う。それは、僕より早いであろういつかくる日に、後悔したくないという思いが強い。いや、きっと思うことはいろいろでてくるのだろうけども、こんなことがあったなあ。そんなことがあったなあ。という思い出をこれからたくさんつくっていきたい。

これから車を運転する機会がいっぱいあるだろうな。